経営コンサルタントの国家資格、中小企業診断士の魅力に迫る

経営コンサルタントの唯一の国家資格である中小企業診断士ですが、近年では経営コンサルタントとして活動していないビジネスパーソンの間でも取得したい資格として人気が急上昇しています。資格取得後は経営コンサルタントとして独立をされる方も少なからず見受けられますが、企業勤めを継続する「企業内診断士」と呼ばれる形態で活動を行う方々の割合も非常に多くみられるのが本資格の特徴です。
独立をしなくても中小企業診断士を取得するメリットは一体なんなのでしょうか。
また、中小企業診断士の資格を活かして経営コンサルタントとして独立した際に、どういった手段で仕事を獲得し、どの程度の報酬を得ることができるのでしょうか。
今回は、多くの人が取得を目指し、難関資格と言われる中小企業診断士について解説していきます。

経営コンサルタントに必要な資格とは

中小企業診断士は経営コンサルタントとして唯一の国家資格です。しかし、経営コンサルタントとして活動するために資格は特に必要ありません。すなわち、中小企業診断士を取得したからといって「弁護士」「税理士」など他の士業の様に独占業務が存在するわけではないのです。
極端な例ですが、経営コンサルタントと名乗りさえすればその辺を歩いているどんな方でも明日から経営コンサルタントとして活動をすることは可能です。
では、中小企業診断士の資格を取得するメリットは一体なんなのでしょうか。
今回は独立コンサルタントと、企業内に勤めながら中小企業診断士として活動する2つの観点から中小企業診断士の資格を習得するメリットをお伝えしていきます。

独立コンサルタントが中小企業診断士を取得するメリット

上述した様に、経営コンサルタントとして独立するだけであれば中小企業診断士の資格を取得する必要はまったくありません。しかし、経営コンサルタントとして独立するために中小企業診断士を取得することは非常に大きなメリットが数多くあります。

一定のレベルを持つ経営コンサルタントとして信頼の証となる資格

中小企業診断士とは中小企業支援法第11条に基づき、国家資格として経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を認定し登録するための制度です。
経営コンサルタントは誰でもなれる職業だからこそ品質にばらつきが大きく、クライアントも本当に信頼できる経営コンサルタントなのか、非常に悩むことが多くあります。
そんな中、合格率が数パーセントの難関試験を突破し、中小企業診断士として経済産業大臣からお墨付きを受けた経営コンサルタントは、クライアントから見ても信頼に値します。つまり数多くの経営コンサルタントの中で、中小企業診断士の資格を有することは信頼の基準となります。この信頼を得られることこそが一番の強みと言えるでしょう。

中小企業診断協会に所属することができる

中小企業診断士として登録することで、全国各都道府県にある中小企業診断協会に所属することができます。そこでは「公的業務の受注」と「人脈からの仕事紹介」が期待でき、独立コンサルタントとして仕事の基盤を形成する際に大きく役に立ちます。

「公的業務」とは、国や地方自治体などの公的機関から仕事を委託されて業務を行うことです。中小企業診断協会は、公的機関である中小企業基盤整備機構や商工会議所などとの強いつながりを持っており、窓口相談や専門家派遣などの仕事を紹介してもらえることが多々あります。決して高単価の仕事ではありませんが、独立直後の仕事としてのハードルはそこまで高くなく、定期的な仕事が見込めるので一定の収入を得ることができます。
独立してすぐの状況で実績を積むことができるので、コンサルタントとして仕事の基盤を構築するために公的業務から活動の幅を増やしていくことは、非常におすすめです。

「人脈からの仕事紹介」とは、中小企業診断協会に所属をしていると様々な活動を通して多くの方と人脈を形成することができます。中小企業診断士という資格は、他士業と比較をしても交流会などの文化が非常に濃いのが特徴です。
積極的に活動をしていると年間で100人を超える人とつながりを持つことができます。
中小企業診断士という資格は独占業務がない分、活動可能な範囲が非常に広く自分ひとりで全てをカバーすることは不可能です。加えて、経営コンサルタントとして独立し多くの収入を得ている方の特徴として、自分の得意な分野を形成し、そのコンサル手法に特化して顧客を支援しています。例えば、人事制度やマーケティングなどそれぞれ得意とする手法で確実に経営改善を行うのです。
そんな中、自分の不得手とする依頼や業務過多で仕事が受けられない場合に仕事を中小企業診断協会の他の診断士に紹介することが多くあります。

上記2点の様に直接仕事を獲得する機会も増えるので、独立コンサルタントとして中小企業診断士の資格を取得するメリットは非常に大きいと感じられます。
特に経営コンサルタントとしての経歴がまったくないと、ゼロから顧客獲得を行う必要があり非常に労力がかかります。そのため、中小企業診断士の資格を活かしてソフトランディングしていくことが経営コンサルタントとして活躍するためには良い手段といえるでしょう。

独立コンサルタントとして中小企業診断士は稼げる資格

では実際に中小企業診断士の資格を取得して、経営コンサルタントとして独立している方々はどの程度の収入を得ているのでしょうか。
独立する際に稼げないかもしれないという不安は非常に大きいことでしょう。しかし、実際に中小企業診断士の資格を活かして独立しているコンサルタントを見てみると、まったく仕事や収入がない人はあまり見かけません。
理由としては、上述した様に公的業務である程度の収入の基盤が構築できるためです。ただ、公的業務をメインにしている中小企業診断士だと公的業務の単価は安いため、大きな収入を得ることは数人のコンサルタントを雇用するなどしない限り難しいことでしょう。

一方で徐々に公的業務から民間企業への仕事の割合を増やすことにより、高単価の仕事を多く受注している、年商が数千万円クラスといった中小企業診断士も数多くいます。
そういった方々に話を聞くと「経営コンサルタントとして中小企業診断士は稼げる資格」と口を揃えて言います。
しかし、資格を取得したからといって、決して簡単に稼げるようになるわけではありません。高い専門性を築き上げて、多くの実績を積み重ねていくことが重要です。
経営コンサルタントとして中小企業診断士の資格を取得するメリットは大きく、決して近道があるわけではありませんが、自分自身の努力次第で高収入が望めます。

企業に勤める方が中小企業診断士を取得するメリット

経営コンサルタントとして独立を目指す方以外でも、中小企業診断士の資格を取得しているが企業に勤め続ける「企業内診断士」という方も数多く見受けられます。企業内診断士において本資格を取得することのメリットは何でしょうか。

経営全般にかかわる知識の習得

中小企業診断士に合格するためには非常に多くの知識を身に着ける必要があります。
中小企業診断士試験の1次試験では「経済学、財務会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策」と7つの科目で平均60%の点数をとる必要があり、膨大な量のインプットが求められます。
続いての2次試験では1次試験の知識を活かして筆記試験と口述試験、いわば机上でのコンサルティングを行いアウトプットする能力が試されます。この2次試験が本資格の最大の難所で、何年も留年した後に合格する方も数多くいます。
試験合格後もすぐに資格登録とはならず、例外もありますが実際の企業へ訪問しコンサルティングを実施する計15日間に及ぶ実務補習・実務従事を経てようやく資格の登録となるのです。

この長い資格登録までの過程で、通常の業務では得ることができない様々な知識を身に着けることだけでなく、経営全体を俯瞰することができる能力や経営判断を身に着けることもできます。コンサルタントとして独立するだけでなく企業内で更なるステップを目指す方には非常に最適です。

転職に活かすことができる

中小企業診断士の資格を所有していることで、経営全般に関する知識が一定の水準以上を満たしていることが企業の採用担当者からも認識されます。加えて、コンサルタントの持つ経営判断や思考方法は、一般企業においても非常に重宝されます。
また、企業に勤めながらも難関資格に挑戦していることから、意欲的であることやストイックな面があると推測がされ、人格的にも高評価が得られる可能性は高いです。
ただし、ここでの注意点として、資格を持っているという点だけをアピールするだけでは採用担当者にうまく響かないこともあります。
中小企業診断士の資格を転職先でどのように活かすことができるのか、自分はどういったビジョンを備えているのかを明確にすることが重要です。
ただ、中小企業診断士は非常に多くの知識や幅広い視点を有しているため、経営コンサルタント以外の職種でも、十分に資格を活かしたビジョンを作成することは容易なことでしょう。

企業勤めでは得られない人脈の形成

上述の独立コンサルタントでも述べたことですが、普段会社に勤めているだけでは出会わない方々と多く知り合うことができます。例えば、普段の業種や業界と違う方々、コンサル企業以外の重役に就いている様なエグゼクティブな方々など本当に多種多様な人材が多くいます。そういった方々と中小企業診断協会での活動や交流を通して得た人脈や情報は、自分の勤めている会社においても有益なものとなります。
ただ、当初は企業内診断士として活動するつもりが、多くの方々との交流を通して刺激を受けて、コンサルタントとして独立を目指す方向に向かった方も多く見かけられます。それほど自分の人生を変えてしまう多くの出会いをもたらす魅力的な資格といえることでしょう。

まとめ

独占業務がない中小企業診断士ですが、独自の専門性を創りだし多くの収入を得るコンサルタントも数多く存在しています。独占業務が無い分、狭い範囲にとらわれることがなく、創業支援や成長支援、事業再生問題など多彩な業務を受託することが可能です。
また、コンサルタントとして独立を行わなくてもその知識や活動ができる範囲の広さから人事、IT、生産性向上、マーケティングなど、様々な業界・業種で応用することで、ビジネスパーソンとしてのバックボーンを培うことができ、非常に魅力的な資格です。

決して簡単な資格ではありませんが、今後日本では厳しい市況になることが予想されます。そんな中で外部環境に左右されないように、自身の実力で乗り切ることが求められます。
加えて日本の景気が低迷している影響で、特に中小企業においては厳しい経営環境の企業が散見されます。これから先の日本経済を良くするために、中小企業診断士の活躍が大いに期待されることでしょう。

文:牧野孝治(中小企業診断士/MYSコンサルティング)/編集:志師塾「先生ビジネス百科」編集部

先生ビジネス成功法
無料で集客を学ぶ7日間メールセミナー
先生が参加した志師塾のweb集客セミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓