【講師インタビュー】学びがこの世界を豊かにする~羽田 徹~

今回お話をお伺いしたのは、志師塾のトップ講師プロデューサーであり、話し方コンサルタントとしても10年以上ご活躍の羽田徹(はだとおる)さんです。

インタビューを通じて、ラジオDJ時代から現在に至るまで多種多様な経験をお持ちの羽田さんが、これまでの人生で学んだこと、志師塾との出逢いや講師としての今後の展望を伺うことができました。

多種多様な社会経験

- 羽田さんの現在のお仕事についてお教えください。

現在は株式会社web-school.tv代表取締役として、ビジネスパーソン向けにビジネスで成果が出る話し方を教える「話し方コンサルタント」をしています。

営業、マネージメント、接客など、どんな仕事でも人と接するビジネス場面においては、大抵のことはコミュニーションで解決します。これは私自身がこれまでのビジネス経験を通じて強く感じたことで、世の中は全てコミュニケーションを基礎に派生をしています。
私の強みはこれまでの経験で培ったコミュニケーションスキルですので、受注力、提案力、マネージメント力、取引先との折衝など根幹にあるコミュニーションを見直し、改善するだけで、自分も取引先も社内もみんながHAPPYになれるんだということをお伝えしています。

- どのように話し方のスキルを身につけたのか教えてください。

実はこれまでの経歴はかなり異色と言われておりまして、ラジオDJ、不動産営業、メガネ会社の役員、コンサルタント会社リンクアンドモチベーションの研修講師を経験してきました。

どの経験からも今の仕事に通じる部分はありますが、話し方の基礎になっているのはラジオのパーソナリティ経験です。私は高校時代にミュージシャンを目指しバンドボーカルをしていたので、その時に声の出し方の基礎は身についていました。その後、とある有名歌手の歌声に圧倒され、自分には歌の才能はないとミュージシャンの夢を諦め、今後はミュージシャンの応援をする側になろうと決意します。

そこで様々なアーティストの曲を世に広げられるラジオの世界に興味を持ち、大学時代に地元のコミュニティラジオ局でパーソナリティとして喋らせてもらったのをきっかけに、ラジオ業界に入ってきました。その後も有り難いことに、就活せずとも新しいラジオ局の立ち上げメンバーとして22歳でプロデューサーを務めました。

ただ、やはり作る側のプロデューサーよりラジオ DJとして活躍したいという思いが強く、憧れていた大阪人気 No.1 のFM802のDJオーディションを受けると合格。その後はFM愛知や文化放送にも転職し、ラジオDJとして10年間活動しました。相手に伝えたいことをわかりやすく伝えるスキルというのはこのラジオDJ時代の経験があってこそです。

- 順調だったラジオDJを辞めて別の業界へ転職したのは何故ですか?

実はこれだけラジオDJをやっていたにも関らず、業界の中ではDJとしての評価よりも裏方のプロデューサーやディレクターとしての評価が高く、自分のやりたいことが評価されないという悔しさと葛藤がありました。
更に31歳の時には、結婚したばかりなのに、収入の主軸であった朝の帯番組を降板させられるという挫折も味わいます。人生最大のショックだったと言っても過言ではありません。

これをきっかけに、上手くいかない原因は何だったのかを真剣に考えました。
すると、自分は地元のラジオ局の方々の懐に入れていなかった、いつまでもよそ者扱いされていたことに気づきます。
また、ラジオDJとしても大きな強みが無く、「羽田徹でなければいけない」理由がなかったことが大きな原因でした。
ラジオDJしか経験のない私にとっては、偉そうに政治や経済のことを話しているが本当は何もわかっていないという劣等感や、借りてきた言葉で話しているという虚しさがあったのは確かです。

そこで、もっとビジネスの世界を知ろうと決意。話し方には自信があったので、営業をやってみようと不動産投資の会社で営業をスタートしました。しかし想像以上に上手くいきません。テレアポは1日500件、今までは話すことで喜ばれていたのに、今度は煙たがられてプライドもズタズタ、更には365日全く売れないという散々な状況でした。

どのように挫折を乗り越えたか教えてください。

ここで辞めたらラジオでもダメ、ビジネスでもダメ、立ち直れなくなると思い、とにかく負けず嫌いだった私は悔しさをバネに勉強を始めます。これまで読んだことのなかったビジネス書を読みあさり、セミナーにもたくさん通いました。
また、ラジオDJ時代の反省を生かして、プライドを捨てて売れている先輩に話を聞いたり、素直に周りに協力を仰ぎ、周りの人との関係性を大切にしていくことで周りもバックアップしてくれるようになりました。

すると、全く売れなかった私が2年目には会社のトップ営業マンになったのです。
驚きと共に、学ぶことの大切さが身に染みてわかりましたし、周りの協力なくして自分の成功はないということを強く実感しました。

その後は順調に成果を出せていたので、当時のクライアントであるメガネ会社から役員としてのヘッドハンティングがあり、次なるステージへ行こうと転職。倒産寸前だった会社の営業体制を立て直すために、理論ではなく自ら店舗に出て売り方を実践して見せることで、従業員達も信頼してくれるようになり、最終的には売上だけでなく店舗数も約2倍に増やすことができました。
一つの会社を立て直したことで、今度は「人は学ぶことでこんなに成長できるんだ」ということを客観的に感じることができ、自分の自信にも繋がりましたね。

更に高みを目指そうと思い、以前から考え方に共感していた大手コンサルティング会社のリンクアンドモチベーションに入社。研修講師として年間100件以上登壇、延べ2万人以上の人たちと接してきました。

また、不動産営業時代にビジネス書から大きな影響を受けたこともあり、自分の経験がもっと全国区で役に立てばという想いから、ビジネスマン時代に2冊の本を出版させていただきました。

志師塾との関わりについて

-羽田さんが志師塾に出会ったきっかけは何ですか?

これまでの経験を通じて、私にとってラジオDJ以外に「これが私の天職だ!」と思えたのが講師のお仕事でした。
自分自身も売れない時代に参加したセミナーがとてもわかりやすく、こういう考え方をすればいいのか、なるほどと思えた影響が強かったので、今度は私が自身の経験を通じて学んだことを伝える側になりたいと思い、「話し方コンサルタント」として完全独立しました。

そこで、まだ自分に足りないものは何かを考えた時に一番必要なものは集客術でした。これまでは会社が見つけてきたクライアント先に研修に行けばよかったのですが、今度はそうはいきません。
これまで学びで人生を切り開いてきましたので、今回も素直に学ぼうと決めました。

そんな時にFacebookを通じて志師塾を見つけ、ハッとします。
これまで色々なセミナーに参加してきましたが、中でも「理論もしっかりしていて伝える技術レベルも高い」と突き抜けていた方が、現在志師塾の講師をしている西尾さんでした。某セミナーでゲストとして話していたので、ほんの十数分のお話でしたが、一気に引き込まれたことを今でも覚えています。そんな西尾さんが講師をしている志師塾ならば、レベルの高い塾であるに違いないと思い、Web集客セミナーへ参加しました。

-入塾の決め手や志師塾の魅力、他の塾との違いを教えてください。

まずは、私が参加したWeb集客セミナーで講師を勤めていた清永さんの講師力が素晴らしかったことです。研修講師をしてきた私から見ても、西尾さんに続き清永さんもレベルが高く、ここは間違いないと思いました。

また、Web集客講座で学べる内容を聞いて、理論と仕組みがしっかりしていたので、かなり再現性の高い講座だと実感しました。その人の成功例を教えるという起業塾はよくありますが、志師塾は塾長である五十嵐さんが成功したというだけでなく、それを仕組み化して五十嵐さん以外の講師があのクオリティで伝えて広がっているという事実が何よりの説得力でした。

しかも、塾としてのレベルのステージが圧倒的に違うだけでなく受講料の安さにも驚きました。このクオリティでその値段はあり得ないと思い、その場で入塾を決めましたね。

他にも、講師との個別相談が回数制限なしという部分や、様々な分野の専門家が集う質の高いコミュニティに入れるので、他のよくわからないコミュニティに入る必要もないという点はとても魅力でした。

-受講して学んだこと、成果を教えてください。

Web集客講座は3時間×6回コースという内容で、前半では自分の強みを洗い出したり、他社との差別化を図るにはどうするかというビジネスの基礎固めとなる部分を学び、後半ではWeb集客ツールを使って顧客獲得方法を実践していきました。
Web集客講座とは言え、実は前半の基礎固めがとても重要です。今となってはラジオDJ時代に「選ばれる自分」になれなかった原因はこれかだったのかということを痛感しました。

基礎固めの重要性は、私の成果にもハッキリと現れました。
まず、受講期間中に3冊目の出版が決まりました。しかも私が出したかったビジネス書の王様「ダイヤモンド社」です。以前から企画を出していたのですが通らず、志師塾で企画を練り直したら通ったのです。
また、ラジオDJとしても十数年ぶりに番組が決まりました。これも学んだことを生かしてFacebookで情報を発信していたらラジオ局からお声がかかりました。
更にはサイドビジネスでやっていた民泊まで集客率がアップ。志師塾で学んだものをWebサイト内に全て反映させることで予約が殺到し、お客様が耐えなくなりました。

笑ってしまうくらい結果が出たので、自分でも驚いています。志師塾で学んだことは、本業だけでなくどんなビジネスにも対応できるビジネスの基礎であり、一生モノの宝を手に入れた気分でした。

-共に学んだ仲間はいかがでしたか?

これが嬉しいことに、仲間も続々と成果が出ました。
Webの知識は全く無く、コンセプトも定まっていなかった動物病院のコンサルタントが、受講期間中に120万円の契約を取ってきたり、同じくコンセプトが定まりきっていなかった人が受講期間中に講座ビジネスを成功させたりと、自分だけでなく周りも成果が出ていることが本当に嬉しかったです。

受講前は先行き不安で迷っていたようなメンバーも、受講後には見違える人になっていきました。
それと同時に、自分以外の人たちも成果を出していく姿を見て、志師塾の内容はどんなビジネスの人でも成功できるノウハウだということを確信しましたね。

私の他にも、同期のメンバーから講師が誕生しましたので、それも大きな成果だと思います。

孤独になりがちな経営者を救いたい

-羽田さんが講師になったのはなぜでしょうか?

まずは講師の清永さんが、とても楽しそうに生き生きとされていたからです。
これまで私は企業の集合研修がメインでしたので、志師塾のように一人一人に深く関わるとことがありませんでした。
相手の懐に入り、個人の人生に踏み込んででも一緒に成果を上げていく講師の方々の熱い姿勢を見ると、大変そうだけれど、それ以上にやりがいのある面白い仕事だと思いました。

また、確実に自分の実力アップにも繋がると思いましたので、Web集客講座の第2講あたりから講師を目指そうという思いは徐々に強くなっていきましたね。

その後は、私の強い想いを知った清永講師の推薦もあって、志師塾の講師をスタートすることができました。
私のように職業面においても、大手企業からベンチャー企業という企業規模においても、多種多様な経験をしてきた講師は他にはなかなかいませんので、これまでの経験や知識を存分に還元することが私の使命だと思っています。

講師に対する想いと今後の展望を教えてください。

事業をしていると私自身もそうでしたが、結構孤独だったりします。実は相談できる人がいなかったり、お尻を叩いてくれる人もいなければ背中を押してくれる人もいません。
志師塾を通じて、叱咤激励してくれる講師や切磋琢磨できる仲間の存在がいてくれることの有り難みを心から感じ、今度は私がそんな存在になりたいと思い講師を続けています。

そして、私は人のポテンシャルを心から信じているので、どんなに能力があっても発揮しなければ全く意味がなく、逆を言えば能力を引き出せる人間がいればその人が持っている以上のパフォーマンスを出すことができます。私は志師塾の講師を通じて一人一人に真剣に関わることで、そういった人の可能性を追求しています。

また、自分が直接教えられる人数が限られている中で、今後は良い影響の連鎖を生むべく、講師を育てる講師として自分の想いをより多くの人に伝えることにも力を入れていきます。
これは私が1番やりたいことでしたので、塾長の五十嵐さんが築き上げたこの良い影響の連鎖モデルを、私も講師としても多くの人に伝えたいと思っています。そしてたくさんの方がこのノウハウで救われると信じています。

最後に。
私の会社のモットーは「学びがこの世界を豊かにする」です。
学ぶことで人生の選択肢も増えますし、自分自身の人生も必ず良くなります。
志師塾にピンときた方は可能性のある方、成長できる方だと確信しています。

これからもたくさんの方にお会いできることを楽しみにしています。

-羽田さん本日はありがとうございました。

 

取材を終えて

羽田さんは記事には書ききれないほど幅広く豊富な経験をお持ちで、たくさんのエピソードをお伺いすることができました。そんな中、常にキーワードとして出ていていたのが「学びの大切さ」です。どんなに大きな成果や結果を出しても、そこで満足せずに学び続ける姿勢がとても印象的でした。

初心を忘れずに、成長に対して貪欲になることで講師の目線から見てもすごいと思う志師塾に出会い、更なる活躍の場を広げた羽田さんのお話からは、自分の限界を決めず、素直に学び続ける大切さを学ばせていただきました。

もし経営や事業の悩みを抱え孤独になっている方がいたら、羽田さんにお会いしてみると人生が変わるかもしれません。
羽田さんはこれからも多くの方々にプラスの影響を与えていくことでしょう。

文:高杉 千絵  /    編集:志師塾「ビジネス百科」編集部

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓