【講師インタビュー】本気の人を支援し仲間で成果を出す~宮本竜弥~

今回お話をお伺いしたのは、志師塾のパートナー講師であり、企業の研修やコンサルティング事業を柱とした株式会社イエルバ・ブエナのオーナー兼代表コンサルタント としてもご活躍の宮本竜弥(みやもとたつや)さんです。

インタビューを通じて、これまでのビジネス経験や志師塾との出会い、講師にかける想いをお伺いすることができました。

これまでのビジネス経験について

-宮本さんの現在のお仕事について教えてください。

現在は株式会社イエルバ・ブエナのオーナー兼代表コンサルタントとして、上場企業や外資系企業向けの企業研修やコンサルティングを行っています。また、最近では、忙しいばかりで業績が伸びていない「外資系や上場企業出身の中小零細企業の経営者」起業家向けの「逆転コンサルティング」サービスや大手企業の次世代リーダーの育成にも力をいれております。

会社員時代から財務リスクマネジメントや事業開発コンサルティングに携わっていましたので、その経験を活かして自分の力で企業成長をさせるコンサルティングをしたいと思い独立しました。今年で創業12年目になります。実績としてはこれまで7000人のビジネスマンに研修を行い、300社のコンサルティングをしてきました。

また、志師塾ではパートナー講師として研修講師養成講座、Web集客講座の2講座を担当しています。

-独立されたきっかけを教えてください。

私の社会人スタートは、アメリカ系企業で企業の財務リスクマネジメントをする仕事でした。順調に経験を重ねる中、まずはもっと経験を積み自分の可能性にチャレンジしてみたいという思いから、その後も様々な業界を経験します。まずは海外のベンチャーキャピタルの日本のパートナーとしてベンチャー投資をし、ITバブルが弾けたのをきっかけにKPMGへ転職。こちらでコンサルティングをしている間に、日本オラクルからお声かけいただき、日本オラクルの営業本部長を務めさせていただきました。そして2007年に独立し、現在に至ります。

ただ、一見順調に独立したように見えるかもしれませんが、実は私のキャリアパスはブレブレでした。

元々独立志向も強かったため、最初の会社員時代にも独立の将来像を描いてはいたのですが、漠然としていたために途中で何度も方向性に迷います。時には大きな組織で経営に携わるのがいいのではないかと思ったり、いや、自分で立ち上げるのがいいと思う時期もあったりと、気づけば月日は流れていきました。

そんな時、オラクル時代にかなりハードワークだったことから胆嚢炎になってしまいます。

朝7時からミーティングをスタートして、仕事が終わるのは日付を超えるのが当たり前の日々でしたので、体調管理も難しければ、自分のことを考える時間もありませんでした。胆嚢摘出手術のために1週間入院ののち1週間自宅療養。いまでは、医学も進んで3泊4日くらいみたいですけど(笑)。突然2週間もやることがない時間休みができると、人っていろいろ考えるものなのですね。ふと自分の人生について振り返って考えたんです。ちょうど厄年で42歳の時だったと思います。

これからの職業人人生17~18年と残りの人生をどう過ごすのかと考えた時に、やはり自分の好きなことを好きなように立ち上げてやっていきたいという想いが強くなり、ようやく覚悟ができたんです。そして1年半ほどの準備期間を経て2007年に独立し、最初の事業はITコンサルティングを立ち上げました。オラクル時代の経験を元に、エンジニアやコンサルタントを集めて大企業向けにコンサルティングを提供していきました。すると創業して1年ほどで売上は1億6000万円まで上がり、最も多い時で社員10名、パートナーを50名くらいの規模で回していました。

-好調だったITコンサルティング事業から研修事業へ移行されたのは何故ですか?

立ち上げから好調でしたので自分でも驚いていましたが、そのまま順風満帆というわけにはいきませんでした。

まず最初の試練は、右腕として一緒に頑張ってきた部下がプロジェクトの途中にも関わらず、急に転職されたことです。彼の代理を見つけられればビジネス的な問題は最小限で済みましたが、難易度の高いプロジェクトだったため、代わりのコンサルタントをアサインできず、結局数千万円の賠償金を支払うことに。あの時は、いろいろな意味でショックでしたね。

また、IT事業が順調だった時期に、実はフレンチレストラン事業も立ち上げました。最初はなかなかお客様が来店せずの赤字続きでしたが、高級フレンチ弁当のプロデュースをきっかけに月商1200万円にまで成長することができ、これは14ヶ月連続で洋食部門日本一の売上も達成しました。

しかし順調な時に限ってまた事件は起こります。
これで借金も返せるしV字回復を狙えると思って安心していた矢先、現場の責任者に売上を横領されるという衝撃的な事件が起こりました。

そうした経験から私は人に頼ったビジネスは怖い!と強く感じ、「人に頼ったビジネスではなく自分が稼働するビジネス」をしようと方向転換を決めます。まずは自分自身の棚卸しをしました。外資系や上場企業での勤務経験、営業やコンサルティングなどの実務経験、管理職経験があるから研修講師やコンサルタントとして企業の力になれるのではと思い、そちらへ舵を切ったのです。

志師塾との関わりについて

-宮本さんが志師塾に出会ったきっかけは何ですか?

研修やコンサル事業へとシフトするに際して、経営士という資格を取りました。さぁ、準備万端とコンテンツをまとめていざ説明会を開催しましたが、予想外のところで苦戦。集客です。意気込んで説明会10回分の貸し会議室を押さえ、知人の紹介やWebを使って呼びかけるも、なんと10回とも集客は0人。

何とかしなくてはという思いでマーケティングや集客法を学ベるところを探していた際に、志師塾と出会います。

Facebook広告を通じて志師塾を知りましたが、最初は怪しいとさえ思っていました。それでもまずは調べてみようと思い、志師塾を含めてマーケティングを教えるセミナーや講座を開催している企業を色々と回り、話を聞いてみました。

すると、志師塾が他の塾と圧倒的に違ったのは、「先生業」に特化したマーケティングや集客法を教えているということ。私が求めていたのは志師塾のノウハウだと思い、Web集客講座の受講を決めました。

-志師塾の魅力や他の塾との違いは何ですか?

色々なセミナーに参加してみて分かったことは、多くの塾が物販を想定した衝動型Webマーケティングの内容だったということです。

私のように研修講師やコンサルタントのような関係型の仕事をしている人は、物販の仕事とは違い100万円の高額なコンサルの仕事がWebだけを見てポチッと契約ということはほぼ有り得ない業界です。まずはWebをきっかけに説明会や相談会に来ていただき、最終的には対面でお話しさせてもらうことで信頼していただけるかが重要になります。

そういった意味では、Webの活用方法は先生業に特化したやり方が必要になる訳ですが、他の塾ではSEO対策やPPCなどWebの知識のみしか教えていなところがほどんどでした。

志師塾のWeb集客講座では、最終的にリアルでお客様と対面して受注することから逆算して、最初にすべき基礎固めをしっかりと学び、順を追って学んでいくという一貫性がありました。ここまで先生業に特化し、Web活用からリアルでのグロージングまで一気通貫して教えている塾は他にはありませんでしたね。

Webという一部分を切り取って学んでも、なかなか大きな成果に結びつけるのは難しいですが、志師塾の講座内容を聞いて、これまでの卒業生がしっかり成果を上げているという事実にもとても納得できました。

また、塾長の五十嵐さんを始め、講師の皆さんが企業勤めから独立をして成果を上げてきており、国家資格を持っていたり、ビジネス経験も豊富なしっかりとした背景を持っていたので、共感できる部分も多く安心して入塾を決めることができました。

-受講後の成果を教えてください。

まずは3ヶ月の受講期間中に、1日50万円の研修を受注することができました。

始めはこの成果は自分の実力だと過信し、その後は自己流で進めていたのですが、すると受注がピタッと止まってしまいます。そこで勘や経験に頼ったやり方では安定的には受注は出来ないと実感し、仕組みの重要性を身をもって学びました。

また、宮本さんだから受注できたんだと言われたりもしましたが、一緒に受講した同期のメンバーも大きな成果を上げており、どんな人でも成果を上げられるノウハウだと実感できました。

人に裏切られ金銭的にも追い詰められていましたし、当時中学生だった娘にも不安な思いをさせていたと思うと、家族のためにも絶対に成果を上げなくてはならないという想いが大きな原動力、行動力になっていましたね。

その後は受注も安定し、これまで約7000人のビジネスリーダーへの研修、300社へのコンサルティングという実績へと繋がりました。

講師にかける想い

-講師として2つの講座を担当しようと思ったのは何故でしょうか?

それには大きく2つの理由があります。
まずは講師の仲間を増やしていきたいという想いが強くあり、研修講師養成講座を担当することを決めました。

私自身、過去6年間は一人で研修講師やコンサルティングを行ってきましたが、私含めて研修講師は1匹オオカミの人も多く、情報が分断されていることに気がつきました。お互いがライバルということもあり、情報が偏っていたり、その情報をコントロールしているのが研修エージェントというケースがままあります。

私はこういった業界の状況を変えたい!そう思っていま活動しています。ただ、そういった時に必要になってくるのが、営業力とWebを使ったマーケティング力でした。

Web集客講座の内容は、全てWebの知識という訳ではなくWebが6割・リアルが4割の講座内容になっています。このリアルの部分が実はとても重要で、1分で伝わる自己紹介法や他社との差別化をはかるための自分の強みやキャッチコピーを考えたりと、徹底的な基礎固めを行います。研修講師やコンサルティングをしている方の中で感じるのは、自分自身の価値や強みを短い時間で的確に相手に伝えることができる人は実はそんなに多くないということ。そういった意味で、研修講師になる前段階で学ぶべき重要性のあるWeb集客講座も担当することは、受講生にとって相乗効果があると思っています。

2つめの理由は、士業、コンサルタント、コーチ、講師など、いわゆる先生と呼ばれる人たちの成功支援をしたい、と思っていることです。

多くの先生業の人たちは、素晴らしいノウハウを持っています。でも、「受注力」が足りないために、その価値が伝わっていないという非常にもったいない状況が起きています。この状況は、説明会を開催するも一人も集まらなかったという私のキツイ経験と重なります。うまくいかずに悩んでいる先生業を一人でも多く救いたい、そういう思いでいます。よく考えれば、より多くの先生業の人たちがWeb集客で成功するということは、実は世の中の人たちがより豊かな生活ができる、あるいは厳しい状況から救われるということ。そういう社会ってステキだと思いませんか。 

-研修講師養成講座ではどんなことが学べるのでしょうか?

研修講師には3つの力が必要だと思っています。

1つはコンテンツ力。2つ目はやる気・知識・知恵を引き出したり、気づきを与えたり、教わったことを更に浸透させて行動変容を起こさせるような研修を運営する力=デリバリー力。そして3つ目は受注力です。

現在研修講師として活躍している方の90%以上はコンテンツとデリバリー力は持っているのですが、受注力がないのです。そのため、研修会社の下請けとして仕事をしています。下請けのメリットは自分で営業しなくても良いので研修に注力できるという点がありますが、他方デメリットとしては単価が抑えられるという点と、案件コントロールをエージェントに握られるという点があります。案件コントロールとは、どんなにクライアントやエンドユーザーに気に入ってもらえたとしても、エージェント次第で仕事が無くなるというリスクがあるということです。エージェントとは、そういったことを理解した上でお付き合いすべきなんです。

こういったことを勘案すれば、研修講師をビジネスとして捉えた場合、直接受注できる力は必ず必要になってきます。

研修講師養成講座では、コンテンツ力・デリバリー力に加え、この受注力を身に付けるという部分にも力を入れて教えていきます。既に研修講師をしている方はもちろん、これからやろうと思っている方にも重要な内容になっていますね。

また、先生業の中には手続き顧問だけでなく、コンサルティングもやりたいという方が多いと思います。そこで大手企業や外資系企業のコンサルを勝ち取ろうと思うと、実はかなりハードルが高いのも事実。多くの場合は役員決済が必要で関わる人も多くなる分、稟議が通りにくいこともよくあります。

そこでポイントになるのが研修講師です。私のこれまでの経験上、研修に関しては人事の研修担当の方が予算を持っていたりするので、まずは入口として研修講師をやらせてもらい、そこから見つかった会社の問題や課題の解決策をお話しすることでコンサルティングにまで繋がるケースは多々ありました。

ですので、そういった様々な視点から先を見据えた受注力のポイントも教えています。

 

-今後の展望を教えてください。

私のポリシーは、本気の人を支援し、絶対に成果を出させるということです。

私だけでは出来ることに限界がありますが、同じ志を持った仲間を増やしてくことで、更に大きな成果を出していけると思っています。

その1つとして、「忙しいのに業績が振るわない」と悩んでいる、中小零細企業の社長、特に外資系・上場企業勤務経験のある方向けに「粗利3000万を増やす」成長支援のコンサルティングをしています。その一貫として、希望する経営者にはご自身の業界経験を生かして「経験ゼロから粗利3000万を稼げるコンサルタント」に育成するプログラムを開発しました。

また、志師塾の講師を通じてより多くの人にこのノウハウを伝え、同じ想いを持った仲間を増やすことで日本の社会を活性化させていきたいと思っています。

-宮本さん本日はありがとうございました。

-取材を終えて

宮本さんはこれまでのビジネス経験がとても豊富で、研修やコンサルティングでも素晴らしい実績をお持ちです。
インタビューを通じて、ビジネスの成功においては自己流ではなく一貫性のある仕組力を学ぶことの重要性を知ることができましたし、孤立している講師を助け仲間を増やしていきたいという想いの強さを感じました。

そんな宮本さんからは、お話を伺う中でも安心と安定感を感じられ、多くの方に慕われる信頼の厚い講師の方だということがよくわかります。これから事業を立ち上げる方はもちろん、既に講師やコンサルティングをされている方も、宮本さんとの出会いで人生が変わるかもしれません。

これからますます仲間を増やし、日本を元気にしていく宮本さんの姿が目に浮かびます。

 

文:高杉 千絵  /  編集:志師塾「ビジネス百科」編集部

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓