士業が、Facebookを活用して集客力をアップさせる方法

SNSを使って集客を強化したい!とお考えの士業・先生業の方は多いと思います。

そんな方へお勧めしたいのがFacebookの活用です。Facebookは国内だけでも2,800万人以上が利用しており、「個人アカウント」「Facebookページ」「Facebook広告」の3つの方法で集客を強化することができます。

それぞれのポイントを捉えて上手く活用することで、効率的に見込み客を集客することができるでしょう。少額の費用で集客したい方、セミナー集客やクライアント開拓でお困りの方は、是非Facebookを活用してみてください。

Facebookが集客に有効なツールである3つの理由

利用ユーザー数が多い

スマートフォンの普及と共に利用が増加してきたSNS。その中でもFacebookは、全世界で24億6000万人以上が利用しており、ダントツに利用者数が多いSNSとなっています。日本国内でも、利用ユーザー数は2,800万人を突破し、毎年利用数が増加しています。

また、Facebookは、TwitterやInstagramと比較すると、仕事関係の人とつながることが多いSNSです。さらに、友達の情報だけでなく、友達の友達の情報がタイムラインに流れてくるため非常に拡散力が高く、ビジネスに活用することに適した媒体なのです。

実名登録が多く信頼性が高い

他のSNSと比較した際の特徴として、Facrbookは実名登録の利用者が多いという特徴があります。そのため信頼性が高く、ビジネスにおいて最適なツールであると言えます。

WEB検索で上位に表示されやすい

webで企業名やブランド名を検索した際に、Facebook以外のSNSは検索結果の上位に表示されないケースがほとんどです。一方Facebookで検索するとほとんどの場合、検索1ページ目に表示されます。つまり、FacebookはSEOに強くビジネスの情報発信に強いのです。

Facebookを用いた集客には3つの方法がある

Facebookで集客するには、1.個人フィード、2.Facebookページ、3.Facebook広告の3つの方法があります。

個人フィードを利用した集客

個人フィードとは、個人アカウント上のページのことです。個人フィードで集客効果を高めるためポイントは以下3点です。それぞれ詳しく解説していきます。

1.更新頻度は1日1~2回
2.更新時間帯は「起床時、お昼休憩、就寝前」
3.投稿内容は、「宣伝」ではなく「専門性」を伝える

更新頻度は1日1~2回

個人でも友達が多ければ、数多くの投稿がタイムラインに表示されます。そのため、定期的に更新する必要があります。ただし、投稿し過ぎても逆効果になります。Facebookは実況中継型のSNSではなく、比較的“日記型”のSNSなので、1日に何回も投稿すると、見ている側は煩わしさを感じてしまいます。

よって、最適な投稿回数は様々な意見がありますが、1日1~2回の投稿が良いと思います。

更新時間帯は「起床時、お昼休憩、就寝前」

Facebookのアクティブユーザーの利用率は、朝7時、昼12時、夜21時の3つの時間帯に集中しているというデータがあります。(国内約3万台のAndroid端末を分析するApp Ape Analyticsの調査による)つまり、ユーザーは「起床時」「お昼休憩」「就寝前」のタイミングでFacebookを開いて情報収集している人が多いようです。

よって、Facebookへ投稿する際の時間帯は朝7時、昼12時、夜21時の時間帯に合わせるとアクセス数増加を見込めるでしょう。

投稿内容は、「宣伝」ではなく「専門性」を伝える

「セミナーに来てください」「本を出版したので買ってください」のような、いかにも宣伝の投稿ばかりをすると敬遠されてしまうので注意しましょう。あなたも、動画を見ている時やネットショッピングをしている時にやたら宣伝が入ってくると、その広告主へあまり良い印象を抱かなくなってしまったことはありませんか?それと同様です。

また、そもそもFacebookの個人アカウントは「私用目的」で利用するようFacebookの利用規約(※)で定められているため、商用利用は原則おこなってはいけません。

※Facebook利用規約より抜粋“(ご自身の)アカウントを1つだけ作成すること、また私的利用を目的としてタイムラインを利用すること。

そのため、集客を目的とした投稿は後述する「Facebookページ」を活用し、個人のアカウントでは、「その分野において専門性がある」ことをアピールできる投稿にすると良いでしょう。例えば、日頃の出来事や読んだ本について専門家視点での感想を書く、ニュースや時事ネタのリンクをシェアするとともに専門的な意見を書く、などが効果的です。そうすることで、「この人はこの分野について知見がある」という印象を付けることができます。

なお、意見を述べる時には、批判や誹謗中傷、ネガティブな意見などを書いてしまうと印象が悪くなるので注意しましょう。

Facebookページを利用した集客

Facebookページとは、いわば“Facebook上のホームページ”です。企業や個人事業主のプロモート媒体として今や欠かせないものとなっています。

Facebookページは、以下のURLより無料で作成することができます。
https://www.Facebook.com/pages/creation/

先述したように、個人アカウントでの商用利用は原則禁止されているため、集客効果を高めるには個人アカウントでは限界があります。一方Facebookページは商用目的で利用できるため、サービスの紹介や最新情報などを積極的に発信することができます。

また、Facebookページでは、「いいね!」を押してくれた人は、友達ではなく「ファン」として扱われ、Facebookページに投稿した内容は、ファンのニュースフィード(お知らせ欄)に表示されるようになっています。さらに、投稿した内容は、YahooやGoogle等の検索エンジンの検索対象になり、検索エンジンからFacebookページにたどり着いた人であれば、Facebookに登録をしていない人でも見ることができます。

Facebookページで集客を高めるポイントは以下の3つです。

1.宣伝だけではなく、有益な情報を投稿する
2.頻繁に更新する
3.コールトゥアクション(Call To Action)を設定する

それぞれ詳しく解説していきます。

宣伝だけではなく、有益な情報を投稿する

個人フィードの章でもお伝えしたように、いかにも宣伝目的の投稿ばかりだと、ユーザーから敬遠されてしまいます。そのため、ユーザーにとって役に立つ知識やノウハウ、最新情報など、ユーザーが読みたくなる有益な情報も積極的に投稿することがファンを増やすためのポイントになります。

頻繁に更新する

先述した通り、Facebookページは検索エンジンの検索対象になるため、投稿を頻繁にしておかないと、古い投稿がユーザーの目に触れることになります。最後の投稿から何ヶ月も経過しているFacebookページは、放置されたページと思われてしまい印象が悪くなってしまうため、定期的に更新し最新情報を発信するようにしましょう。そして、企業やブランドの最新情報に加えて、ユーザーが読みたくなるような記事も積極的に投稿していきましょう。

コールトゥアクション(Call To Action)を設定する

コールトゥアクションとは、ユーザーに具体的な行動を呼びかけることを指します。具体的な行動とは、

・指定のURLへアクセスしてもらう
・お問い合わせをしてもらう
・資料を請求してもらう
・メールマガジンに登録してもらう

などの顧客化するための次のアクションです。カバー写真の右下の「ボタンを追加」を押すと、「予約を増やす」「連絡を増やす」「ビジネスについてもっと知ってもらう」「購入または募金を増やす」などのアクションを指定できます。

「予約を増やす」は、セミナーなどの予約に相性がよいボタンです。予約フォームのWEBサイトへリンクするよう設定することができますし、Facebook上で予約を受け付けるよう設定することもできます。「連絡を増やす」は、電話番号や問い合わせページのURLを設定することができるので、ダイレクトの繋がりを強化することができます。また、資料請求用のURLを貼ることで資料請求を促すこともできます。「ビジネスについてもっと知ってもらう」も、WEBサイトのURLを設定できるため、ホームページやブログへのリンクを貼ったり、メールマガジン登録用のWEBページに誘導したりすることができます。

このように、コールトゥアクションを設定することで、ユーザーはFacebookのフィードに流れてきた興味のある投稿に対してすぐにアクションできるため、企業との関係値を高めることが可能になります。

Facebook広告を利用した集客

Facebook広告とは、Facebook内で表示される広告のことです。

SNS広告の一種で、ユーザー数の多さやターゲティング精度、ビジネス向けの使いやすさなどから、企業での活用が進んでいます。

Facebook広告のメリットは以下の2つです。
1.低コストで広告が出せる
2.ターゲットを細かく選定でき、適切なユーザーに広告を表示できる

それぞれ詳しく解説していきます。

低コストで広告が出せる

Facebook広告の課金対象は、主に以下のようになっています。

・クリック課金:広告主のWebサイト等のリンクがユーザーにクリックされるたびに支払いが発生する
・インプレッション(表示回数)課金:ユーザーのニュースフィードやタイムラインの広告枠に、広告が初めて表示されることでインプレッション(表示回数)がカウントされ、このインプレッションを1,000回獲得することによって支払われる。
・いいね!数に応じた課金:広告主のFacebookページにいいね!が押されるたびに支払いが発生する。
・投稿へのアクションに応じた課金:投稿に対して、いいね!、コメント、シェア等のアクションが起こるたびに支払いが発生する。

これらを上手く設定すれば、1クリック辺りの単価を数円~数十円に抑えることができます。さらに、予め設定した金額以上は消費しないようになっているので安心です。1日100円から設定することができます。

ターゲットを細かく選定でき、適切なユーザーに広告を表示できる

利用するFacebook広告の種類にもよりますが、主なターゲティング項目は以下です。

・地域、年齢、言語、性別、学歴、勤務先、交際ステータス等
・趣味・関心
・インターネット上の行動
・自分とのつながり

これらを詳細に設定することで、集客したいユーザーに的確にアプローチできます。一度設定した条件は保存することが出来るので、比較対象として使用することもできます。

以上のように、Facebook広告は費用対効果の高い集客方法であると言えます。Facebookから見込み客を集客したい方は、まずは少ない金額設定から始めてみてください。以下のFacebook公式ページより詳細を確認できます。
https://www.Facebook.com/business/products/ads

まとめ

以上、Facebookをうまく使った集客術をご紹介しました。高い費用をかけなくても集客効果を狙うことができるので、開業直後で集客を強化したい士業・先生業の方は、是非活用してみてください。

文:前村知夏(中小企業診断士)/編集:志師塾「先生ビジネス百科」編集部

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓