女性起業家が教える。ワークライフバランスで掴む幸せ方法 ~福島美穂~

福島美穂

仕事とプライベートのバランスは人生を変える。 女性起業家サポーター福島美穂

仕事は一番大切です。同じようにプライベートも一番大切です。

このようにいわれたらあなたは「優先順位を付けなければならないときもある。」そう考えるでしょう。でも、それって本当に正しい考え方ですか?

皆さんに質問です。それも、とても大切な質問です。

あなたにとって仕事の軸は何ですか?あなたにとってプライベートの軸は何ですか?

では、生き方の軸はなんですか?

この問いに、1つ1つの軸を見た時はしっかりと答えられるはずなのに、生き方のような大きな軸には言葉が詰まってしまうかもしれません。

福島美穂さんは、女性起業家のために経営アドバイザーをしています。

福島さんは仕事とプライベートどちらも大切にすることで順調に成果を上げています。

女性起業家をセミナーやコンサルタントとして生徒さんをサポートしているのですが、生徒さんに教える大切なことは【仕事プライベート2つの軸】を大切にすることです。

目標に向かって突き進むとき、一つのゴールを目指すほうが効率的だと思ってしまいがちです。しかし、福島さんは軸を2つ抱えることが両方の軸をより太く、より大きくすることを知っています。

シナジー効果とは、2つの要素が組み合わさることにより1つの効果以上に結果を出せることですが、その掛け算は決して仕事×仕事だけではなく、プライベートと仕事の掛け算が、それぞれの要素を何倍も大きくしてくれることもあります。

うまくいかないと感じているとしたら、意外と近くに、それもすぐそばに答えがあるのかもしれません。その答えを福島美穂さんは知っています。

仕事とプライベート

2つを考える

福島美穂さんは
株式会社マイクリエイト 代表取締役
株式会社ブレイクスルーラボ 中小企業診断士&産業カウンセラー
など複数の事業に関わり成果を出しています。仕事での充実感を理解しているなかで、なぜ仕事だけでなく家庭にも重きを置くのか。それは、自身の経験から仕事と家族の結びつきに気付いたからでした。

「仕事をたくさん抱えていて、その仕事はすごくやりがいはあったんですけど、疲れている私をみて夫は『なんでそんなに無理するんだ』と言っていて。私としてはなんでわかってくれないんだろう。と思っていて、すれ違いうまくいかない時期がありました。」

仕事だけに自分の軸を傾けては、知らず知らずのうちに家庭のバランスは崩れてしまうことに気付いた福島さん。これは、女性だけでなく男性のほうが陥りやすい傾向かもしれません。福島さん曰く、男性起業家と女性起業家の違いは「女性のほうがバランスを大切にすること。」だといいます。

こういったバランスを理解しながら自分という容器の中には、仕事はどれくらいで家庭はどれくらいの割合を占めているか一度確認してみてください。

バランスをとることで成長する

それから福島さんはもう一度、働くことを再定義し直しました。小さなひずみを一つ一つ考えることで、仕事とプライベートの二つの軸は徐々に重なり合っていきました。

その作業があったからこそ、お父様が事故で突然、介護状態になり精神的につらかった時期に旦那さんのサポートで、立て直すことができました。それだけでなく現在、旦那さんと新事業を始め、妹さんとは二人三脚で仕事をするなど、仕事もプライベートも考え直し、その2つが重なり合うことで、心から信頼できるパートナーができて、新たなアイデアを生み出すことにも繋がっています。

福島さんは「みんな巻き込んで仕事をしている」と言っていましたが、それは福島さんのプライベートを充実させている結果として家族の支えができたのだと思います。
TRTM9655_TP_V

価値観を合わせること

同じマインドを持つ

福島さんのFacebookやブログには生徒さんたちの写真を載せていて、そこには生き生きとした女性起業家が写っています。それはバランスの取れた生き方ができているからではないでしょうか。

福島さんはこういいます。

「家庭ではどうしても起業をするうえで辛かったことがあっても、聞いてもらいづらいので、こういった気持ちのわかる人が集まる場があることで悩みを解決できるんです。」

同じ悩みや夢に向かう目標を持つ人がいることは、支えになります。福島さんのセミナーはプライベートも大切にしているため、強い結びつきが生まれやすい環境です。

起業とは時に、不安で心細く暗闇の中を歩いているように感じるかもしれません。「どうすればいいのか。」「やりたいことをやるために何をすればいいのか。」「誰に相談したらいいのか。」など暗い足場をびくびくしながら歩いている人に、光を与えて力強く歩く手助けを、福島さんはしているように感じます。やり方を教え、同じように悩み成長する仲間が福島さんの元にはたくさんいます。それも仕事だけでなくプライベートも相談できる仲間です。2つの軸を持ち、それを共有できる仲間がいるからこそ、生徒さんたちはより生き生きとより力強い「生き方」ができているように思います。

福島さんが大切にしている価値観を生徒の方達は持っています。それは福島さんの意思が伝染しているからです。これは、心理的感染とも似ています。人は楽しい人の周りには楽しい人が集まってくるというもので、大切にしている価値観を広めることで同じ価値観を持った人が周りにできます。みなさんの周りにはどんな人がいて欲しいか考えてみてください。

心理的感染

女性らしさの強み

女性起業家の強み

福島さんは女性起業家に必要な5つの力を提唱しています。

それは共感力、伝達力、財務力、決断力、創造力です。この中でも、共感力は女性ならではの視点があるように感じました。

福島さん曰く

「例えば、家のキッチンを作るときにも、財布を握る人は旦那さんですけど、決定するのはその奥にいる女性なんです。だから数字的にではなく、どうしたら「いいな。」と思ってもらえるのか。共感してもらえるのかは女性特有の目線が必要ですね。」

福島さんは男性と女性とでは、共感する場所・発想など違いがあるといいます。目の前のお客さんだけを意識した考え方ではなく、その奥に誰がいるかを考えることが、自分らしいサービスを生み出すことに繋がるかもしれません。

女性独特の感覚的なものは、女性起業家の大きな強みです。こういった繊細で優しい視点を持つことが、男性にない強みを生み出していくのだと感じました。

m020035
伝え方が一番自分らしいかまで考えたことはありますか?人を引っ張るタイプ、寄り添うようなサポートが得意など、人それぞれタイプの違いがあります。独自性を出すには、なにも事業を一から見直すことだけではなく、元からあった性格もヒントになるのではないでしょうか。

福島さんは「その人らしさを生かして楽しんで売り上げをあげること」を大切に考えています。女性だけでなく、男性にも独自の視点があると思います。なので、伝えたい人を明確にして独自の視点を当てはめてください。

女性独特の感性を読み取るということは、意識していなかった感覚に対してアプローチするということです。意識してない部分を正確にとらえることで行動に変化が出てきます。無意識に動き出すのではなく、意識しながら行動してみてください。

意識と無意識・前意識

働き方の工夫

福島さんはいくつもの事業を抱えながら週休2日で仕事をしています。ちなみに、福島さんは毎日ブログ、Facebook、ツイッターとビジネスについての発信をしています。なぜ、このようなスケジュールの中、家族との時間を確保することができるかというと「自動化できるものは自動化している」という点です。

例えば、記事の発信に関していえば、記事をあらかじめ何か月分も作っておいて自動で指定の日時に発信してくれるような自動化をしたり、ほかの仕事に関してもほかに任せられるものは任せたりしています。

皆さんは本当に重要度の高い場所に時間を使えているでしょうか?例えば、デザインに関してはデザイナーを頼るなど1人でやれる範囲は限られてくるので、どうしたら大切な部分に時間をさけるか考えてみてください。

このように賢く働くことを意識することで、記事を毎日上げることができているので、福島さんはサイトのファンを大勢獲得する事ができています。

伝えたい事

福島さんの一番伝えたいことは、「【女性の明るい笑顔が、社会に活力を与える】と信じていて、女性が笑顔で、生き生きと自分のやりたいことができる、そんな社会をつくりたい」ということです。福島さんは女性起業家に新しい働き方を提案しています。これは「新しい生き方」を提案していることのようにも感じます。
image2

挑戦したいことがあるけれど、プライベートもあるからいつか挑戦すればいいと思っていませんか。挑戦したいことを頭の中で思い描いたとき、周りにどんな影響を与えていますか?今とどう変化していますか。何より自分が生き生きと仕事しているところが浮かびませんか?
それは情熱というのかもしれません。その熱を冷ます要因を家族、友人、私生活などプライベートのせいにしないでください。

仕事とプライベートは近くにあります。挑戦を辞める理由ではなく、挑戦を大きくするために二つを考えてください。

福島美穂さんのように。

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA