集客を成功させて多くの潜在顧客と出会おう

お客様の集客どうしますか?

先生業をしている方にとって、お客様の新規開拓は自分の生計にとって非常に重要です。そのためにお客様を自分の方へ集客してくるのですが、どの集客方法がいいのか…。同じような商売をしている競合他社と比較して、どう自分のことをアピールしてお客様に自分のところに集客するのか。ホームページを立ち上げて集客するのか、駅前でチラシを配布して集客するのか。集客と一口に言っても色々な方法があります。

むやみやたらに集客を行ってもターゲットとしているお客様の集客は行えません。自分の強みを生かして、ターゲットとするお客様にヒットするような集客方法を選ばなければお客様の集客には繋がりません。ではどのような集客方法があるのかを見ていきましょう。

まずはどのような集客の方法があるのかを知る

集客と一口に言っても色々な方法があります。リアルでの集客とネットを使っての集客、それぞれの代表的な集客方法についてメリット・デメリットを見ていきましょう。

≪リアルでの集客≫

  1. 折込チラシを使っての集客
  2.  折込チラシとは新聞などに挟み込まれているチラシのことであり、それを使っての集客です。普段新聞を取られている方には馴染み深いと思われます。
    【メリット】
    ・一度に大量配布が可能
    ・ある程度のエリアを指定しての配布が可能
    ・配布単価が約4円~と安い
    【デメリット】
     ・対象が新聞購読者のみになってしまう
     ・ビル単位などより細かい配布は出来ない
     ・他の折込チラシに紛れてしまう可能性がある

  3. ポスティングによる集客
  4.  ポスティングとはチラシなどを各家庭やオフィスのポストに直接投函する手法であり、それを使った集客です。
    【メリット】
     ・折込チラシよりもエリアを絞れる
     ・新聞購読者以外にも配布可能
     ・冊子やマグネットによる配布も可能
     ・自分で行うことができる
    【デメリット】
     ・人員による配布枚数の限界がある
     ・マンションや個人宅への配布の場合、クレームが入ることがある
     ・業者委託の場合は単価が高い

    ポスト
  5. クチコミによる集客
  6.  クチコミとはターゲットとその周囲の人物とで行われる人的なコミュニケーションです。企業からの情報より人間関係に基づくものであるため強い影響力を持つ場合が多い。
    【メリット】
     ・費用がかからない
     ・人間関係によるものであるため信頼感が強い
    【デメリット】
     ・悪い情報も伝わる
     ・企業で管理することはできない

  7. セミナーからの集客
  8.  無料セミナーや有料セミナーなどありますが、あるテーマに興味がある人が自主的に参加するものがセミナーであり、そのセミナー参加者から集客する方法です。
    【メリット】
     ・企画のテーマに興味がある人だけを集めることが出来る
     ・講師と生徒としての関係性で信頼感が増す
    【デメリット】
     ・そもそもセミナー自体に集客するのが難しい場合がある

    ≪ネットでの集客≫
     ネットでの集客はホームページやSNS、検索サイト動画サイトを活用しての集客になります。ネット集客は個別にホームページのみを開設するだけではなく、それを検索されやすいようにSEO対策を行ったり、アフィリエイトを行ったりすることも含まれます。

  1. ホームページによる集客
  2. 【メリット】
     ・サイト全体で価値を伝えることができる
     ・Q&Aや掲示板などのシステムを盛り込むことができる
    【デメリット】
     ・ホームページ作成コストがかかる
     ・制作=集客ではないため、集客のためのSEO対策などが別途必要になる

  3. SNSによる集客
  4. 【メリット】
     ・コストがかからない
     ・双方向リアルタイムのやり取りが可能
    【デメリット】
     ・タイムリーな情報提供が必要になる

  5. ブログによる集客
  6. 【メリット】
     ・SEO対策をすることで上位表示を狙うことができる
     ・自由度が高く、情報を蓄積できる
    【デメリット】
     ・制作に工数と時間がかかる

sns

 このようにリアルでもネットでもさまざまな集客方法があります。この中で自分が行いたい事業、集客したいターゲット、費用なども踏まえた上でどの集客方法を使うのがいいのか検討する必要があります。

どのようにお客様を集客するか…

では全部の集客方法を行うのが一番集客が出来るかと言われるとそうではありません。まずお客様に何をアピールしたいのか。集客を行う前に自分がアピールできる強みが何かを知る必要があります。

自分が集客のためにアピールできる強みを認識したら、次はお客様がどのようなことを求めているのかを知る必要があります。お客様が欲しているもの以外のものを与えたところでどのような集客方法を使ってもお客様は集客できません。いくら自分がアピールできる強みを持っていてもお客様がそれを求めていないのであれば意味がありません。

自分の強み、お客様のニーズを知ることが出来れば、次は集客のためにどの集客方法を使うかを検討します。そもそも自分の強みを欲しているお客様はどのような媒体を普段から見ているのか、例えばSNSを良く利用する若者であればFacebookやTwitterを集客に利用したり、新聞を購読している人をターゲットにするのであれば折込チラシやポスティングを集客に利用したりすることが考えられます。

自分が普段使い慣れていないからと言って、折込チラシのみの集客やHPを開設するだけの集客ではお客様は集まってきません。お客様が良く利用する媒体を見極めながら、複数の媒体を使用して集客を行うことでより集客の効果は高まります。お客様への接触回数を増やせるように複数媒体での集客を心掛けてください。

握手

まとめ

 集客方法にはいろいろあることが分かったと思います。
最後に集客のためには以下のポイントをしっかりと押さえておきましょう。

  1. 自分がお客様の集客の為にアピールできる強みは何かをしっかり認識し、お客様が何を求めているのかニーズの調査をしっかりと行い、強みとニーズのマッチングを行う。
  2. ターゲットとなるお客様を決めたら、お客様を集客するために最良の手法を選択する。ターゲットとなるお客様が普段どのような媒体に接しているかをしっかりと把握する。
  3. メインの媒体が決まったら、それを主に他の媒体も活用し、お客様の集客につながるようにリアル・ネット両方の媒体活用を行い、接触回数を増やす。

 

上記①~③を1回ではなく、2回3回と繰り返し行うことで、お客様に認知してもらい集客につなげていきましょう!

文:田中 祥太(中小企業診断士)/編集:志師塾

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓