創造性障害

創造性障害 心理学

労働心理を研究したヴァン・ファンジェは、人間の創造性についてこう述べています。「人間にはもともと創造性が備わっている。しかしそれが発揮できないのは創造性が何らかの障害によって押さえつけられているから」ここでいう障害には大きく分けて
①権力など上からの圧力
②劣等感を抱かせる評価
③意欲を削ぐ言葉 の3つです。
まず①は上司の立場から、ああしろ、こうしろと圧力をかけて行動させることです。この作業はイエスマンを増やすことになります。新しいアイデアが生み出されないのはそういった高圧的な指示によるものかもしれません。

次に②「お前は、ダメな奴だな」など相手が自信を無くすような言葉がこれにあたります。動いてほしいのなら、伝え方に工夫をしてみてください。③は「頑張っても意味がない」などの言葉です。意欲を削ぐ言葉をかけるのは簡単だと思います。手軽に人を傷つけるからです。しかし、その傷は相手の創造性だけでなく、プライドも傷つけています。伝えるとき言葉を丁寧に確かめながら伝えるようにしてみてください。

以上の3つが創造性を抑えつけている障害です。自分に当てはまる障害があるなら取り除けるためのどうすればいいかを考え、周りの人を創造力豊かに働かせたいのならこういった障害に気を付けてみてください。

創造性こそが、未来を作る武器になります。創造性こそが、変化を生みます。

あなたも、あなたに関わる人たちの創造性も大切にしてください。

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA