あなたの会社が成長する人材育成法とは 水内 浩秀

mizuuti21

皆さん、替えの利くポジションっていうと、「自分じゃなくても、この仕事はできる…。」と思って、その分モチベーションが下がってしまいますよね?またビジネスにおいて大事なことは「人・もの・金」というように、企業において「人材育成」はマストになっています。
 いざ、新しい事業に踏み出そうとしても、人手不足で前に進めないケースが頻発しています。そんなニーズに答えたのが、人材育成をコンサルティングする水内浩秀さんです。それでは水内さんのお話を読んでみてください。

現在は、どのようなサービスを行っているのですか?

主に、企業に行き、研修講師としてやっています。内容としては、新人研修以外にも、管理者に対して研修をしています。
企業にとって、研修講師を雇うことは、高い買い物なので、いきなり集客はできません。
だから、セミナーを開催して、私のノウハウを知ってもらっています。
セミナーでは、定着率向上と売り上げ向上の、二つのセミナーをやっています。
基本的にはどちらも、人材育成についての講義しています。
人口が減ったいる今、労働人口も減っていしまいます。採用に苦しむのは目に見えています。ですが、定着率が下がってしまうと、また、採用をしないといけません。しかし、採用にはお金もかかってしまいます。そうすると、利益圧迫になってしまします。
だったら、人を育てる事を重視すればいいんです。人を育てる仕組みを作り、その結果、売り上げにもつながり、業績アップにもつながります。
私は、その為のノウハウを提供をしています。

水内さんが自信を持っているサービスの特長は何ですか?

私は様々な業界を経験をしてきました。その中で研修講師20年をやっています。だから、その現場での経験を元に、理論ではなく、実例でお話しをします。
一つの例を挙げると、人材不足に悩んでいる会社と、人材育成を前面に打ち出している会社があります。
人材不足に悩んでいる会社は、定着率が悪く、売り上げも継続的に上がりません。その結果、経営が苦しくなります。
それに対して、人材育成を打ち出している会社は、アルバイトの募集に関しても、就活セミナーなどを開催している会社がありました。そうすると、人材育成に力を入れている会社は人がどんどん入って来るので人に困りません。その結果、売り上げ向上にもつながります。
人材育成を行う重要性を伝える中で、セミナーや講義では、私のこれまでの営業、本部、店舗の職種も経験を生かして、受講生に合わせて講義を進めることが出来ます。

なぜ、そのサービスを始めようと思ったのですか?

最初の会社が、製薬会社で営業をしていました。元々、私は営業が嫌いではなかったですが、ある時、異動の辞令が出て、営業課から人事部に異動したのがきっかけです。その時に、管理者とか、他の社員さん向けに研修をしていました。
そこから飲食業界、エンターテイメント業界などで、人事経験をしていました。
人事部として仕事をしている時も、別に独立意識とかは無かったです。たまたま前職の時に、知り合いから一緒に起業しようと誘われました。そこで、会社を辞め、初めて起業をしました。
初めて起業した時は、今のサービスはしてませんでした。しかし、半年たった時、このままでは先が無いと思い、辞めてしまいました。
そこで無職になりました。転職活動をしたくても、すでに50歳を超えていました。なので、転職するのでは厳しいと考えました。
だったら、一人で独立してやっていこう決意しました。何を商品にしていくか考えた時に、これまでの20年の経験を活かして、研修講師としてやろうと思い、今のサービスをしています。
fa1f6e6b8e7da5eb17df9c9d07014828_s

今後の会社の目標は何ですか?

中小企業に対しても、サービスをしていきたいと思います。
これまでは、規模の大きい会社がクライアントに多かったです。
これからは、中小企業の会社と一緒に大きくなっていく事を、もっとしていきたいです。
中小企業では人材のに苦しみ、経営が苦しくなっていきます。まずは、中小企業をはじめとして、日本の企業に人材育成の大事さを、知ってもらいたいと思います。
最終的には、私のビジョンでもあるように、会社の規模に関係なく「みんなを笑顔に、広げよう笑顔の和」を、広げて行きたいです。
そして、売り上げ的には、1000万を来年には達成したいです。
今のクライアントさんは、サービス業のお客さんがが多いです。とくに、飲食の経験があるので飲食業界が多いです。しかし、私はこれからは幅広い業界にサービスを提供していきたいと思います。そして、働いてる人が幸せになってくれることを願ってこれからもがんばっていきたいと思います。

最後に、このページをご覧の皆さんにメッセージをお願いします

人材育成をするってことは、会社にとってプラスです。会社にとってプラスと言うことは、社会にとっても、プラスになると言うことになります。それは、働いている従業員の人にとっても、プラスになります。
私が伝えたい事は、企業は人をもっと大切にしなければいけません。なぜなら、人材育成をきちんとやらないと、企業は潰れてしまいます。だから、お金が無いとか、時間が無いとか言ってないで、人材育成をもっと真剣に考え、そして、取り組みましょう。
人材育成をしっかりして、乗り切った企業はたくさんあります。私は、そのノウハウを持っています。
社員やアルバイトがすぐにやめて困っているオーナーさん、継続的に売り上げを上げていきたいオーナーさん。
そういった悩みを持っている人は、ぜひ、興味を持って頂けたら足を運んで頂ければ幸いです。

まとめ

自身の20年の経験を活かして、人材育成のノウハウ指導している水内さん。
これまでの営業、本部、店舗の職種経験を生かして、
受講生に対して臨機応変に、人材育成の重要性を説いています。

水内さんの目標は、幅広い業界にサービスを提供することで、
働いている人が幸せになる企業を増やすことでした。
そのためには、多くの日本企業が、お金や時間を優先する中で、
人材育成がいかに大切かを伝えなければならないのです。

一度、無職になってから自身の20年のキャリアを振り返り、
研修講師にやりがいを見出した水内さん。
人生の分岐路に立ったとき、人生を振り返れば
次に繋がる新しい道が見つかるかもしれません。

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓