私がFPになるまで

received_1348641538578292

日本FP協会によると、全国で約18万人のFP(ファイナンシャル・プランナー)がいることが分かっています。FPというと、「金融業界で仕事をしている人かな…?」というイメージがあるかもしれません。しかし、実際のところFPはどんなことをしているのでしょうか?

FPは一人ひとり、
「お客様のニーズに合わせたお金のプランニング」や、
「自身の強みを生かしたお金にまつわるサポート」をしているんです。

 そして、今回は異業種への転職経歴のある桑野恵子FPからお話を聞いてきました。桑野さんは、住宅賃貸会社を自ら設立した後、その中にFP事務所を置きました。FPとしての顔を持つ一方で、有限会社コスモスペースの現代表をしています。

実は、桑野さんは実は「元システムエンジニア」。
なぜ、ザ・理系からFPへ転身したのでしょうか?

FPのお仕事内容

——FPは「お金に関する幅広い相談」に応じる職業ですが、具体的にはどんなことをするのでしょうか。

「不動産売買」 「相続の事前相談」
私は現在、主に二つのことを中心にお客様のお役に立っています。

一つ目は、「不動産売買のお手伝い」ですね。
お客様が不動産を買いたいと思ったとき、一緒についていくんです。
そうすることで、お客様が希望していない物件へと不動産屋さんに誘導されないようにします。

二つ目は、「相続の事前相談」にのります。
最近は、女性FP相続サポート協会主催で、「相続もやもやお話会」という座談会を開いています。身内が亡くなったときって、急なことが多くて相続は後回しになりがちなんですよね。でも、本当はやるべきことが色々あるんです。

hudousan_souzoku

桑野さんの強みである「不動産」と「相続」について

——桑野さんの強みは不動産売買と相続なんですね。もっと具体的に教えてください。

冷静な購入判断の手助けになる(不動産)
不動産屋さんは素人に対して、業界で使っているコトバなどを多用してくるんですよね。「今、なんて言ったのかしら…。」とお客様のもやもやがスッキリしないまま、契約してしまうなんてこともあります。

そこで私はまず、不動産屋さんにFPの名刺を渡します。
そうすると不動産屋さんも、「隣りにFPがいる…。」と思ったら下手なことは出来ないですよね?

後は、不動産屋さんが言ったことをお客様に「つまりこれはこういう意味です。」と一つ一つ丁寧に説明します。
お客様も「あ、そういうことだったのね。」と納得することで、冷静な購入の判断をすることが出来ますよね。

得意の交渉術(不動産)
不動産屋さんって賢いので、買い手の中できちんとお得意様がいるんですよ。実は、マンションなら一定の数の部屋、特に間取りや日当たりの良い部屋をとっておいて、店頭には紹介してないことがあるんですよね。
まずはお客様の条件をきちんと伝えます。そして、レア物件を引き出せるような話に持っていくんです。

(「ほんとにそんなことが出来るの?」と思う方がいるかもしれません。しかし桑野さんがなぜそんなことが出来るのかは、FPになったきっかけのところで分かります。)

——相続の方での桑野さんの強みは何でしょうか?

多数の事例対処経験(相続)
1.財産放棄
私はまず身内で、夫の父と母、実の父、母の弟と夫の計5人の相続をした経験があります。
特に父の場合は、連帯保証人になっていて9,000万円も借金があったんです。父には財産が残っておらず、収入は年金だけだったので、迷わず相続放棄しました。でもこの放棄、3カ月以内にしないといけないんですよ。皆さんはご存知でしたか?

2.横槍の対処&戸籍謄本の収集
誰が相続人か把握できていない(ex.前妻の子どもがいることを知らなかった)ケースがよくあるんですよ。
相続には基本ルールがあります。
「兄弟の場合はおいめいまで」「子供だったら、孫ひ孫までの先々」ということです。しかしながら、そのルールを無視して、権利を持っていない人が横槍を入れる場合が多々あるんですよね。また、戸籍謄本が全部集めきれないということもよくあるケースです。そういった状況にも対応してきました。

3.事前相談
あなたが、身内のお葬式を終えた方だとしますよね?
49日を終えたらすぐに相続の手続きを始めないと間に合わないんです。
10カ月以内に深刻を着ないといけないことはご存知でしたでしょうか?
また相続後、配偶者控除を使うために「相続税を10カ月以内でキャッシュで」納める必要があるんです。
しかしこの事があまり世の中に認知されていません。過ぎてしまっては対策の立てようもないんです。それからキャッシュでというところがポイントです。土地や自社株が相続財産の中心の場合、案外キャッシュに出来ないものが多いんですね。土地を一区画でも更地にして、駐車場にすることで、キャッシュに置き換えることも可能になるんですよ。こういった状況も事前に相談して頂くことで、専門的なアドバイスをすることが出来ます。

なぜ、FPを始めようと思ったのですか?

——ここまで、桑野さんのお仕事の強みを伺ってきました。なぜ、その強みが得られたのでしょうか。

実は、私は元々30年間システムエンジニアをしていました。工場でロボットを作っていたんですよ。それが結婚を機に人生が大きく変わっていきました。子供を三人も授かることができ、今まで自分のために働いてきた人生が「家族のため」へとなっていったのです。そして夫と一緒に家族全員が住みやすいようにと、不動産を購入しました。

今まで新築を四軒、五軒目が中古。中古マンション3つを両親用。七年周期で家を買っていました。やりくりするのが楽しかったですね。

私のポリシーに「着替えるように住み替える」があるので、家族の節目ごとにその状態にあった家を購入してきました。その中で、どんな不動産がふさわしいか「見極める目」を自ずと養ってきました。

また、第二の転機がありました。最愛の夫が亡くなったことです。
私たちは結構仲良しだったので、休日も夫といることが多かったんです。友だちとも疎遠になって、私はひとりぼっちになってしまいました。
目の前には3人の子ども。相談相手もいない。お金を稼がないといけない。
しかし、元々エンジニア出身の私は、金融の知識や投資のことは全くの無知だった。それならまだ、「着替えるように住み替えてきた、経験のある不動産」でお金をつくろう、そう考えました。

——FPになったのはそういった経緯だったからなんですね。

最初は、不動産業者の態度がひどかったんですよ。どうしても女一人だと決済権がないと誤解されました。しかし、私が本腰を入れて「ファミリータイプの家を買いたい。」と言ったら、徐々に、「ただ者じゃない」と認識してくれたんですね。

女だからって、馬鹿にされたからって、言うべきところは言わないといけないと思った瞬間でした。そうでないと、条件の悪い物件を勧められるか、もしくは思惑にまんまとハマってしまう形になってしまうんです。

——なるほど、やっぱり言うべきところは言わないといけないですね。

毎回私も思うのですが、いっぱしの営業マンって交渉が本当に上手ですよね?
「さすがだなあ。」と感心してしまうことがよくあります。しかし、うろたえず、私がお客様と一緒についていくことで、お客様を守りたいと思っています。

最後に、このページをご覧の皆さんにメッセージをお願いします。

私は、自分の人生から、
「知らないと損をすることがあること」「言うべきことは言う必要があること」
の2点を知りました。自分と同じような50代のシングルマザーの女性に、得をしていただけるような情報をこれからも発信し続けたいと思います。

得になる情報発信を
シングルマザーの生活支援金は自治体によって異なるんですよ。
先日、1歳のお子さんがいるお母様が、本当はもらえるはずのお金をもらえていなかったことがありました。

私がそのお母様と同い年のころには、そんな制度はなかったので、今は結構良い時代です。その当時は、子ども3人ともが相次いで病気になったことがあったんです。仕方なく仕事を休んで3カ月間、付きっ切りで看病をしたことをよく覚えています。

今は、役所によっては窓口が土日でもやっているところがあります。他には、子供の医療費。国の助成金ですと小学生までは無料ですが、中学生以上になってしまうと有料になってしまいます。
しかし自治体だったら、その自治体によっては年齢に応じてまだ無料になるところがあります。区によって年齢は異なりますが、その特典を目がけて引っ越す人がいるくらいですよ。

ぜひ申請すればもらえるお金があることを知って頂きたいですね。

まとめ

FPである桑野恵子さんは、不動産売買と相続を強みとしてご活躍されています。
SEからFPへ、珍しい転職をご経験された桑野さん。それには、そうせざるを得ない「自分で家計を支えなければならない」という状況があったからでした。

そして、「着替えるように住み替え」て来た桑野さんのご経験そのものが、現在のお仕事に大いに役立っているわけです。

また現在も世の中へお得な情報を発信し続けられています。上記に書いた話以外にも、豊富な知識と経験で、みなさんが迷っていることや今抱えているお悩みを真摯に受け止めて、解決策を一緒に提示してくれることでしょう。

お金にまつわる相談は、FPの桑野恵子さんにしてはどうでしょうか。「相続もやもや相談会」といった気軽に話せる機会もあります。間違いなくお客様が「そんなこと出来るんだ、知らなかった」といった新しい気づきを与えてくれるに違いありません。

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓