Facebookを使った集客

繋がる

先生業は最終的にはリアルの場で顧客獲得することが多いと思います。
※先生業とは士業・コンサルタント・コーチ・講師などのことです。

では、Webはどのように活用するのか?

Webからリアルに見込み客をお連れするノウハウってとても大切だったりします。

見込み客ををリアルにお連れする方法として、セミナーを活用するってとても大切なんです。

やはり、セミナーを活用することは一つの武器になると思います。

ただ、多くの先生業から
「セミナー開いてみたいんだけど、人が集まるか不安です」
という声を耳にします。

セミナー開催の不安は、大きく2つ。

一つは、役に立つコンテンツが作れないのではないか?二つは、人が集まってくれないのではないか?

こうした不安のうち、特に集客に不安を覚えているのであれば、是非、Facebookを上手く活用してみてください。

Facebookの活用

メルマガやブログなどでも集客できますが、Facebookの威力は、以前よりも高まっています。

では、Facebookでセミナー集客をどうするか。色々とありますが、この発想を持ってほしいと思います。

それは、
【セミナー案内を人にシェアしてもらうこと】
です。

あなた自身が、このセミナー良いですよって言っても「本当に?」という反応が返ってくるのではないでしょうか。

そうではなく、あなたの友達や知人に、このセミナー情報をFacebookでシェアしてみてくださいってお願いし、友人の人がシェアしてくれることで、情報の信頼度が高まるんですよね。

ただ、その際には、
【紹介してくれる人に負荷を掛けてはいけない】
ってことは、頭に入れておいた方が良いです。

人間、根本的には面倒なことは嫌いですから。

例えば、あなた自身が紹介文を作るとか、工夫の余地がたくさんあると思います。。

是非、紹介者をうまく巻き込みながら、Faceobokでのセミナー集客を実現してみてください。

いいね!シェアの違い

Facebookの活用の仕方がなんとなくわかったと思いますが、Facebookのいいね!とシェアの違いについてご存知でしょうか。

先生業がFacebookを活用して、セミナー等への集客を成功させている事例を多く見かけます。

実際に、Facebokをうまく使えば、顧客獲得に結び付けることができる可能性は高いです。

このように、とても便利なFacebook。でも、実は「あまり使い方が分かっていないんです」という方がいらっしゃるのも事実です。

なので、特にややこしい(と思われている)「いいね!」と「コメント」、「シェア」の違いについてお伝えします。

iPhone触る

大きな違い

いいね!、コメント、シェアのいずれも、友達同士でコミュニケーションを図るという点では同じです。大きな違いは、「自分のページに投稿するか否か」だと思ってください。

いいね!やコメントの場合、自分のページには、何も投稿されません。つまり、他人のページに、いいね!、やコメントが載るだけです。

しかし、シェアの場合、これは自分のページに他人の情報を引用して投稿するのと同じことです。つまり、自分のページに投稿したのと同じことなのです。

これは、どういった違いが出るでしょうか?実は、情報の広がりが違ってくるんですよね。

記事投稿した本人だけでなく、友達のページにも記事投稿されたのと同じなので、記事投稿した本人から見て友達の友達にまで情報が広がります。

こうした結果として、いいね!よりもシェアの方が情報が広がりやすいと言われているのです。

繰り返しますが、いいね!・コメントと、シェアの大きな違いは、友達のページに情報が投稿されるか否か、という点です。覚えておくと、頭がすっきりするかもしれません。

Facebook広告

Facebookでは、ターゲットを絞り込んで集客もできます。つまり、見込み客にメッセージを伝えることができるんです。これを「Facebook広告」といったりします。

Facebook広告では、市区町村単位で地域を絞り、広告を掛けることが可能です。また、Facebookでは、広告を出す条件(地域、年齢、など)を指定するとそのターゲットとする人数が数字で出ます。

広告画面と、東京都でFacebookでアプローチ可能性のある人数規模を確認する機能はお金を使わなくても無料で活用できます。
あなたのターゲットでは、Facebookで何名程度にアプローチ可能でしょうか?検証してみて下さい。

Facebook広告で成果を出すコツは、細かくセグメントを分けて、複数の広告を出すこと。そして、その効果を比較して効果の出たモノだけを残していくというやり方です。

iPhoneを確認
例えば、新宿区、江東区、渋谷区、といった区単位では成果が出なかったのに、東京都とすると成果が出た!ということもありました。この場合、区単位の広告を止めて東京都の広告だけを残す。

こういったことをやっていく必要があります。

なお、どのセグメントが一番効果があるかは複数のセグメントを設定し、そのセグメント毎にテストしてみなければ分かりません。

Facebook効果を出すには

Facebook広告に限らず、広告で成果を出すための最大のこつは【テストを繰り返す】ことです。

大きく広告費を投じるのでは無く、小さな金額でテストを繰り返してみて下さい。Facebook広告なら1日1,000円程度で検証することができます。

以上、Facebookをうまく使った集客方法になります。使えそうなものがあればぜひ活用してみてください。

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓