100歳まで元気に楽しく!健康アドバイザーの私のミッション ~一般社団法人ガーデンパーティー 代表理事 中尾美々子さん~

年を取っても、いつまでも元気で楽しく過ごしたい―。そんな方々の健康と元気を支えることをミッションとしているのが一般社団人ガーデンパーティーの代表理事 中尾美々子さんです。健康アドバイザーとして独立されて今年で2年目。明るいお人柄と「みんなと一緒に楽しみたい」と人のつながりを大切にされることで成長を続けていらっしゃいます。事業を始めた経緯や想いについて伺いました。

食事と栄養の大切さを伝える

―どのようなことをされている会社なのですか?
「100歳まで元気に楽しく豊かに暮らす」ことをコンセプトに、一般社団法人として「Garden Party倶楽部」という会を主宰し、毎月各種セミナーやお楽しみイベントを開催しています。その一方で、体調に悩みを持っている方をカウンセリングし、栄養バランスを改善しコンディションを整えることで元気に過ごせるようサポートしています。

普段から病気を予防する意識が大切であり、その肝になるのは「食事と栄養」だと考えています。体調が良くないのは、実は栄養バランスの悪さが原因であることがほとんどです。睡眠の問題やうつなどの精神的な問題も栄養不足が関わっているのです。でもそのことはほとんど知られていなくて、これらは薬で治すのが今の医療です。食事やサプリメントで栄養をおぎなうことで現代人の多くが抱えている体調の問題が軽減していくことを広くみなさんに伝えたい。そしてもっと元気に楽しく過ごしていただきたいと思っています。

特に更年期以降は、それまで体を守っていたホルモンの分泌が減ってきて、睡眠の質が落ちたり、肌荒れになったり、落ち込みやすくなったりと、体調が崩れてきます。そんなときこそ、しっかりと不足している栄養を補って、コンディションを整え、それからの長い人生を元気に過ごしていただきたいと思います。100歳まで元気に楽しく人生を過ごすためには、みなさんに必要なことだと思って活動しています。

―具体的に何をされていますか?
「Garden Party倶楽部」では、銀座の真ん中の特別なVIPルームで、毎月1~2回、健康や美容の専門家とのコラボセミナーやお楽しみ会などを開催しています。各分野の専門家のみなさんには、100歳まで元気に美しく生きるために必要な知識や経験を共有していただいています。

また、大きなバースディケーキや飲み物を用意して、その月のお誕生日の方のお祝いをしています。優雅なVIPルームでゆっくりとお茶をいただきながら、セミナーを聞いたり、お誕生日をお祝いしたり、自己紹介したりして親交を深めながら、有意義で楽しい時間を過ごしていただいています。

参加者は、その時々にもよりますが、会員様と非会員様が半々ぐらいでしょうか。会員には入会金なし、年会費1万円で入会していただけ、セミナーなどには会員優待価格でご利用いただけます。
今の会員数は50名くらい。セミナーやイベント参加には、会員でなくても参加できますが、会員様には特別優待価格でご利用いただいています。参加は40~50代の女性が中心ですが、下は30代から上は90代まで。1~2割程度ですが男性の方の参加もいらっしゃいます。

―とても楽しそうですね。個別カウンセリングはどのようなものですか?
個別カウンセリングは、主に婦人科医の姉の対馬ルリ子女性ライフクリニックと、歯科医の妹、武市えり子のみやま歯科医院のサプリメント外来でお話しをうかがっています。会員様には、ご都合の良い時間に直接お電話してカウンセリングを行っています。一人一人に対して、今の食事や生活習慣、体調などをしっかり伺い、血液検査結果からも何の栄養素が不足しているのかを推測します。そして普段の食事や生活でのアドバイスや、その方に不足している栄養素をサプリメントでご紹介します。ご希望の方には、オーダーサプリメントとして処方し、分包してお届けしていて、毎月コンディションに合わせて調整していきます。

サプリメント外来では、指先で毛細血管の血流を見ることができます。毛細血管は、全身に栄養と酸素を運び、老廃物や二酸化炭素を回収する大切な役割をもっていて、病気予防やアンチエイジングの要ともいえます。食事や運動習慣で血流や数や形は変化していきますので、健康維持のモチベーションにもなるのでおススメです。
Garden Party倶楽部のセミナーでも定期的に毛細血管観察会を開催しています。

病気に直面して分かったこと

―健康アドバイザーとして独立されたきっかけを教えてください。
私はもともと薬剤師として働いていました。ところが17年前にバリバリの商社マンとして働いていた主人が突然主人が重い病気になり、約3年の闘病生活の末に亡くなってしまったのです。あんなに不死身とも思えた元気な主人が、なんでこんなことになったのだろう…というのがすごくありました。
そこで主人の闘病生活をサポートしながら勉強して、元気でいるのも、病気になるのも、実は食事であり、病気になってから治療したり薬を使うのではなく、普段から食事や栄養で病気を予防することが大切だということを痛感しました。闘病生活でも、食欲がないときなどにサプリメントを使うと回復する力が全然違うのですよね。主人をずっと見てきて、食事や栄養が大事だということがすごくわかりました。
そして主人が亡くなってから、普段からの病気予防と、食事と栄養の重要性を伝えていくことが私のミッションだと思うようになりました。

―その後どうされたのですか?
栄養の勉強をしてサプリメントアドバイザーの資格をとってから、某大手サプリメント会社でサプリメントアドバイザーを募集していることを知りました。そこでその会社の会長に出会い「病気予防のためのクリニックをやりたいので健康カウンセラーとして働いてほしい」と言われ、約13年間、VIPの方々の病気予防や健康維持、体調改善のための健康カウンセラーとして働きました。

VIP専門の予防医療クリニックのほかに、銀座の基幹店で、のべ約20,000人のお客様の健康相談をお受けしアドバイスし、約8,000人の方の毛細血管の血流観察をしてきました。また、その間、運動カウンセラーとコラボしながら、いろいろな健康や美容に関するテーマでセミナーをこなしてきました。

この間、たくさんのお客様の食事や体調を伺いながら、体調が悪いのは食事や栄養に原因があることや、その方には何を補えばいいのかを知ることができました。またサプリメントがコンディションを整えるのには大変有効であることを実感してきたのです。

―そこから独立されたきっかけは何でしょうか?
一昨年、母が体調を崩し、入院したことがきっかけです。当時96歳で入院したのですが、対応のよくない病院で、苦しんでいる母をろくに診てくれず、だんだん悪くなっていきました…。これは放っておけないと思い、会社を休職して母をサポートすることにしました。
それから病院を変えて、私も病院に泊まり込ませてもらい、ずっと付きっ切りで看病しました。母は好き嫌いも多い人なので、何を食べているか、食べられないのかを確認しながら、先生に了解を得てサプリメントを処方しました。そうしているうちにどんどん回復していきました。先生もこの年齢での回復は難しいと言っていたのですが、すっかり元気になって元の生活に戻ったのです。
その人に必要なものがしっかり届けられていれば、いくつになっても体は回復することが分かりました!でも現代の医療では、治療は薬だけ。必要な栄養が足りず、具合が悪くなっている人、回復できない人がいっぱいいると思います。
高齢の母のそばにいながら、このことをみんなに発信していこうと思い、会社を退職して独立すると決心しました。

人と人との繋がりに支えられている

―独立後、大変だったことはありますか?
サプリメント会社時代のお客様情報は一切持ってこられないので、集客はゼロからのスタートでした。最初は合同会社を立ち上げ、前職でセミナーをしていたVIPルームを特別にお借りして月1回のペースでセミナーを開催しました。ただ頻度も少なく、最初は参加者を集めるのが大変でした。
その1年後に一般社団法人を設立したとき設立パーティーを開催しようとしたのですが、最初人がなかなか集まらなくて・・・。すると色んな人が声をかけてくれて。最終的には会場に入らいないくらい集まってくださいました。裏方もお友達がやってくれたり、本当に人に助けられていると感じました。

―その後、集客のやり方などは変えられたのですか?
そうですね。口コミだけでは不十分だと思ったので、Facebookの投稿に力を入れました。
具体的には、まず実際にお話しを聞いてくれた人とお友達になります。そしてやり取りしているうちに関係性が高まると、次も来てくれたり、会員になってくれたり、別の方を連れてきてくれたり…。このように本当に地道に取り組んでいます。徐々に広がってきていて、やっぱり人と人とのつながりだと思っています。
また私自身も、いろいろな人に志や目標を話すことが大事だと思っています。私は98歳の母が100歳のお誕生日をハワイで元気にGarden Partyをするという目標があります。そしてみんなが人生を100歳まで元気に楽しめるように、と思っていますので、それをクラブで実現してほしい。またずっと元気に活躍したい、と思っている人は多いと思いますので、共感してくれた方が参加してくださると思います。

―セミナーではどのようなことを心がけていますか?
一般的なセミナーは、聞く側は聞くだけという一方通行ですが、セミナーをやる人も聞く人も、和気あいあいとした雰囲気で、気軽にお話しができる会にしたいと思っています。
参加してくださった方も自分のことを話す時間が大事だと思っていて、セミナー後には皆さんに自己紹介をしてもらったり、自由にお話しをしてもらっています。

―人との繋がりを大切にされていますね
人はいろんな繋がりで生きていて、みんなに支えられ、助けられて生きています。私もみんなに協力してもらってきました。元気で楽しく豊かに生きるためには、仲間づくりが欠かせないと思います。
また、何か体調で困ったときには、いつでも気軽に相談できる専門家たちと繋がっていることが大切だと思います。Garden Party倶楽部は、その仕組みを作っていると思います。

自分のやりたいことで人が喜んでくれる幸せ

―今後やりたいことはありますか?
今後は、個人的なカウンセリングをもっと増やしていきたいと思っています。今は妹や姉のクリニックでサプリメント外来として健康相談を受け、オーダーサプリメントを処方していますが、GardenParty倶楽部の会員みなさんのベストコンディションを目指してオーダーサプリメントを処方したい。またそれを目的にしてGarden Party倶楽部に入ってくださる方を増やしていきたいです。そして他のクリニックでもサプリ外来で健康相談を受けられたらと思っています。
今後はもっと広くWeb集客をしたいと思い、志師塾を受講しました。志師塾の先生にはとても力になっていただき、ビジネスとしての仕組みづくりを手伝っていただきました。これからホームページを使った自動集客もしていきたいです。

―ほかに志師塾に入ってよかったことはありましたか?
色々な分野の先生方が集まっているので、ネットワークが広がったと感じます。志師塾で出会った先生とのコラボセミナーも実現しました。今回は、睡眠の問題を抱える方が多いことから、ヨガの先生と自律神経を整えるための栄養と呼吸法のセミナーを開催し、参加した皆様に好評でした。
また弁護士の先生とも知り合い、VIPルームでコラボセミナーをやっていくにあたっての利用規約などを作っていただきました。
参加者が「100歳まで元気に楽しく豊かに暮らす」ために、いろいろな先生方と顔見知りになり、よかったです。

―10年後、20年後はどういう活動をしていきたいですか?
まずは2年後に母が100歳のお誕生日にハワイでガーデンパーティーをすること。そしてGarden Party倶楽部に参加する皆さんが100歳まで元気に楽しく暮らせることを目指すための活動をすること、です。私の考えに共感していただける会員を1,000人くらいまで増やして、高齢者でも元気で楽しんで過ごせる世の中にしていきたいと思っています。

人生100年なら、50歳はまだ半分。更年期から先が50年もあるのですから、この間元気で楽しく豊かに過ごすために、今から何をしたらよいかを真剣に考える必要があります。そのための知識をセミナーや専門家との交流から得て、自分を立て直すことで、70歳、80歳、90歳、100歳…と、その年齢としては元気で若々しいし、楽しんでいるね、って言われる人たちがいっぱいになるといいんじゃないかと思います。医療費の削減にもなりますしね。
また頑張りすぎて病気になって志半ばで亡くなってしまうのはみんなにとっても本当に辛いこと。あまりストイックになるのは良くないって思うのですよね。頑張りすぎない、ほどほどに頑張り、楽しみながら元気で長生きすること。それが一番本人も周りの人も幸せだと思います。

―お仕事を心から楽しんでいらっしゃると感じます。中尾さんにとって仕事とは何でしょうか。
主人が若くして亡くなったことで、人生一度きりだし後悔したくないなと思いました。それなら自分がやりたいと思ったことをやってみようって。じゃあ何したらいいかなと思ったときに、自分が元気になれること、幸せだと思うことでみんなに元気と幸せを提供できることを仕事にするのが一番いいなと思いました。
私は自分の将来を考えたとき、元気でいること、若々しくいること、みんなと繋がっていて困った時は助けてくれることがいいなと思いました。そして私がやりたいことをいいね、と思う人たちが集まって、いろんな企画をしたり…。それがみんなの幸せになるのだったら最高に嬉しい。自分がやれることで、みんなに喜んでもらう、役に立つことが一番の生きがいであり、最高のビジネスだと思います。

文:木村敏子(中小企業診断士)/編集:志師塾「先生ビジネス百科」編集部

先生ビジネス成功法
メールセミナー

【完全無料】
参加するだけで売上が255%UP

たった7日で学べる!先生業のための
Web集客メールセミナー

この記事がお役に立てましたら、シェアお願いします↓